パーマを長持ちさせる方法

おしゃれにはヘアセットも重要です。特に女性にとって髪は命であるといわれていた時代もあったほど、とても大切なものです。
現代ではヘアカラーやパーマといった様々なヘアスタイルがあり、自分らしいヘアスタイルを見つける事ができれば個性が表現できます。 せっかくかけたパーマも、きちんと手入れをしておけば、美容室でかけた後のようなきれいな状態をキープする事ができます。
パーマを持続させるコツをご紹介します。

すぐに洗わない

パーマをかけた当日は髪を洗わないようにしましょう。
施術の後は髪にまだパーマ液が残っています。臭いが強いのですぐに洗ってしまいたい、と思うかもしれませんが、パーマ液が髪に十分浸透していない場合はパーマが崩れる原因になってしまいます。できるだけ当日は髪を洗わないようにしましょう。

トリートメントを行う

パーマ液で傷んだ髪を補修する役割だけでなく、パーマの手入れにもなるのがトリートメントです。 トリートメントをする事によって髪に失われた水分を補給する事ができます。
髪の水分が無くなると髪がパサつき美しいカールを維持する事ができません。髪が健康になる事でパーマを維持する事に繋がります。
当店では超微粒子のナノスチームを使用したトリートメントを体感する事ができます。

ドライヤーを使う

自然乾燥は、髪の芯から水分が蒸発してしまいます。髪を傷める原因となり、先述したように美しいカールをキープする事ができなくなってしまいます。
ドライヤーを使う事によって、内側の水分を閉じ込める事が可能になります。 お風呂あがりにはきちんとドライヤーを使って髪を乾かしましょう。
根本からしっかりと乾かし、さらに軽くカールの癖付けを行っておけば、朝のセットも楽にできるようになります。 髪の根本をちゃんと乾かしていないと、寝ぐせがついてしまうので注意しましょう。

クシを使わない

歯の細かいクシを使って髪を梳かしてしまうと、パーマが伸びてしまいます。特に施術をした後の1日2日はクシ、ブラシを使わず手櫛で整える程度にしましょう。

毎日のケアで、お気に入りのヘアスタイルを維持できるようにしましょう。
当店は池袋にある美容室です。
カットはもちろん、トリートメント、カラー、パーマ、着付け、ヘアセットなどのメニューもご用意しております。カット、カラー、パーマにはサービストリートメントもセットになっています。
池袋で美容室をお探しの方は、ぜひ当店に足をお運びください。