前髪が与える印象の違い

人はヘアスタイルを変えると、印象がガラリと変わります。髪の長さや色でも印象は変わりますが、特に大きく印象を決めているのが「前髪」です。
前髪を変えることで若々しくなったり、大人っぽくなったりと、様々な見せ方ができるため、おしゃれのバリエーションも広がります。
こちらでは、前髪によってどう印象が変わるのか、そして顔型別に似合う前髪をご紹介します。

前髪による印象の違い


センターパート

真ん中で前髪を分けるスタイル。大人っぽくてクールな印象なので、童顔で悩んでいる方におすすめです。 センターパートにすると、前髪で頬が隠れるので、顔がほっそり見えて小顔効果があります。トップにボリュームを出すようにして流すと、縦のラインが際立ってスマートな印象になります。

右に分ける

女性らしい雰囲気を演出することができるため、男性から支持を得ているスタイルです。顔の右側には建前の表情が表れるといわれており、本音を隠しているミステリアスな部分も残って、魅力的に見えます。

左に分ける

エレガントで知的な印象なので、キャリアウーマンに似合うスタイルです。右に分けるのとは逆で、左側には本音が表れており、親しみやすさがあります。

ぱっつん

かわいらしく、若々しい印象に見せたいときに最適なスタイルです。おでこを隠すことで、かわいらしい印象を与えることができます。アイドルには、ぱっつん前髪をしている人が多いです。


顔型別、おすすめの前髪


丸顔

センターパートがおすすめです。丸い頬が隠れてほっそりと見えるでしょう。より細く見せるには、前髪をやや長めにするのがポイントです。ぱっつん前髪にすると丸顔が目立ってしまうので、避けたほうが良いでしょう。やや厚めの前髪にすると、顔の長さがカバーできます。

逆三角形

逆三角形は、センターパートや斜め前髪が似合います。顔の下半分にボリュームを出し、頬骨のラインに沿うように流すことで、逆三角形の印象も和らぐでしょう。

面長

前髪がない方は、作っておくことをおすすめします。前髪があれば縦のラインが分裂されて、印象が和らぐからです。センターパートにすると、縦の長さが強調されてしまいます。

ホームベース型

頬骨をカバーする、長めの前髪がおすすめ。短めの前髪やぱっつん前髪は、横のラインを強調してしまうので避けたいところです。

前髪が持つ印象の違いを覚えておけば、デートやビジネスなど、様々なシーンに合わせてイメージチェンジできます。美容室でヘアスタイルを決める際の参考にしてみてください。
当店は池袋にある美容室です。着付け、カラー、パーマや成人式等のヘアセットはもちろんのこと、サービストリートメントもございますので、池袋周辺で美容室をお探しの方はぜひ当店をご利用ください。
尚、土日祝日は大変混み合っておりますので、ご利用の際は早めにご予約ください。